2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 南極料理人 | トップページ | 時をかける少女 »

2009年10月11日 (日)

私の中のあなた

夫と二人で、
私の中のあなた」を鑑賞。

白血病の姉を救うために
デザインベビーとして生まれた妹・アナが
自分がドナーになりたくないとして両親を告訴する。
が、そこのは、秘密が・・・。

と、予告編などでは言われています。


どういう秘密なのか?

は、想像できてしまうのですが、
それがわかっていても、泣ける・・・。・°°・(;>_<;)・°°・。

もう、
最初から最後まで涙が流れっぱなしです・・・。


みんな優しくて、みんな一生懸命で・・・。
家族の愛、お互いを愛する気持ち・・・。


こういう映画、反則だと思います。


シチュエーションを聞いただけでウルウルってしちゃいますが、
一つ一つ、一人ひとりのエピソードに胸を揺すぶられます。


これから観に行く方は、ハンカチを忘れずにっ!
ミニタオルのほうがいいかも。

家族、親子ということだけでなく、
「デザインベビー」という発想や、
臓器移植についても、考えさせられます。


でも、


エンドクレジットが終わるまで、席を立てないぐらい涙でグショグショになりましたが、映画館を出て、冷静に振り返ると、




やっぱり、これって反則じゃない?



という気持ちがだんだん強く~。





子どもが病気で死んでしまう、というだけで、
もうそれだけで、悲しいじゃないですか。

それも、本当にいい子だし、
他の子も本当に本当に優しくてまっすぐでいい子なんです。


それだけで、
誰がつくっても、悲しくて泣かずにはいられないでしょう?


で、
振り返って、


「作品としてはどうなのか?」


と思うと、「とても素晴らしい作品!」とは私には思えないのです。
泣かせるツボを押さえているだけのような。


モチロン、家族の愛だけでなく、社会的問題(遺伝子操作とか、臓器移植とか、子どもの難病のことや支える家族のこと)について考えさせられる作品ではあります。

でも、それよりも「涙を誘う」ほうが先にきているような、時間が経てば経つほどそんなキモチ。

アマノジャク~(^_^;)?

« 南極料理人 | トップページ | 時をかける少女 »

劇場で観た。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154177/31739595

この記事へのトラックバック一覧です: 私の中のあなた:

« 南極料理人 | トップページ | 時をかける少女 »