2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ウルフマン | トップページ | ザ・ウォーカー »

2010年5月15日 (土)

月に囚われた男

恵比寿ガーデンシネマ月に囚われた男を鑑賞。

宇宙を舞台にした映画といえば、派手さとCGばかりが目立つこの頃、なんだか、本当にありそうなところが、「本当のSFだわっ!」といえる良作品です。

月に3年単身赴任の秘密、なわけですが、
このヒドイ労働環境は、現代の格差や、低賃金労働とその人権についての批判なわけで、そういう意味でも、「大人のSF」として評価できます。
「全く同じこと」はあり得ないだろうけど、経営者なんてこういう感覚なんだろうなぁ~。

観終わったときは、発想と着眼点に感服しちゃいますが、時間が経つと(いい作品だという気持ちはかわらないけれど)だんだんツッコミたいところが出てきてしまって・・・。
「高品質B級」といったところでしょうか。

私にとっては、作品の本質よりも



ライフ・オブ・デヴィッド・ゲイル」以来の、納得できるケヴィン・スペイシーが嬉しかった~(*^_^*)
機械であるということをを保ちながら感情が少しずつ入ってくるという表現は素晴らしかったです・・・。

もうちょっとガーティーにひねり(=ケヴィン・スペイシーに活躍)があれば(それを入れる余地も、作品にとっての意味もまだまだあるように思えたし)、映画の評価がもっと上がっちゃったわ~(*/∀\*)

宇宙船がバンバン飛ぶSF映画に疲れた、SF好きの人にオススメですよ。

« ウルフマン | トップページ | ザ・ウォーカー »

劇場で観た。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154177/34702386

この記事へのトラックバック一覧です: 月に囚われた男:

« ウルフマン | トップページ | ザ・ウォーカー »