2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ALWAYS 三丁目の夕日’64 | トップページ | 天使の分け前 »

2012年8月12日 (日)

テイク・ディス・ワルツ

Photo


まあねえ、

23歳で結婚して5年だったら、

そんなこともあるかもねぇ。

それにしても、このコったら・・・・・(ノ_-;)ハア…

カワイイんだけど、

問題アリアリですよ。

いやほんと、カワイイ。可愛くて、魅力的ですよ。

だけど、それと、成長しきれていないってことは別問題ですよ。。。

私は、「永遠の少年」とかいうヒトがダイキライっ!!!!!

少年の心を持っているのはいいですけど、それはちゃんと年相応の大人の器に入っていなければ、ただのバカですよっ!!甘えんじゃね~!!!!

みたいな?

みんな!

ちゃんとしようよっ!!!!

でもって、このコ・・・。

あ、その前に、

私は「夢は小説家です。でも、今は、まだ自分が書きたいものを書いていないんです」

っていう輩キライですっ!!!

(絵でも一緒ね)

書けよっ!!!!

好きなものをっ!!!!!!!

食べるためのものは、それと別にすればいいんだからっ!!!

言い訳するなって!!!!!!

・・・あ、この映画の話でしたね・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

この主人公、ワケのわかんないことを当然のように言いますよ。最初から。

飛行機にね、

車いすで乗ります。

車いすの人優先ですからね!

のちに絡むオトコが「足ケガしたの?」とか言うと

「ううん。足が悪いの」

とヌケヌケと。

で、オトコが「それウソでしょ?歩いてたじゃん!普通に!」

と言うと、

「私、飛行機の乗り換えが怖いの。乗り換えという『中途半端』なところが怖いの。そこから抜けられなくなって、空港に取り残されるような気がして。ううん。怖いのは、取り残されることじゃなくて、それを怖いと思ってしまうことなの。」

みたいな?

 

(゜Д゜) ハア??

何いってんの?

んで、足ピンピンなのに車いす???

本当に足が悪い人だっているのに????

ウマイでしょう?

この監督。

ここで、分けますよ。観客を。

どっちもいけるふうにね。

んで、

「こっち」側に来た私は、最後まで

「何このコ・・・(-_-メ)」

というペースで見続け、

「ほらね!」

って具合です。

でもきっと、

「わかる」っていう人もいるのだと思います。

それがこの映画の、評価高なところです。

オープニングの画面は、エンディングでまだ出ます。

「ああ、そういうことなんだ」

って。

私は、その満ち足りない表情に、「だからいったでしょ!」的な気持ちを持ちますよ。

アナタねぇ、お姉ちゃんが言うように、アル中と一緒!

っていうか、(人に心配はかけるけど)人を傷つけないだけアル中のほうがましよ!!!

本音は誰しもある。けれど、しまっておくことと、出していいことと、それは誰でも考えていることでしょう。

これ見て、「主人公の満ち足りない気持ち、こうなってしまう気持ち、わかるわ・・・」

という方はいるでしょう。

でも!

ごめん!そういう人と私は友だちにはなれない!(なって、って頼まれてないけど)

みんな!いい!?

幸せはここにある。

誰もが足りないものを持って生きている。足りないものがあるのが人生なのです。

ここ!テストに出るからっ!!!

« ALWAYS 三丁目の夕日’64 | トップページ | 天使の分け前 »

劇場で観た。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154177/46869399

この記事へのトラックバック一覧です: テイク・ディス・ワルツ:

« ALWAYS 三丁目の夕日’64 | トップページ | 天使の分け前 »