2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ

2013年4月

2013年4月29日 (月)

図書館戦争

これだけだけど、原作は読みました。
主人公のキャラ(の描き方)があまり好きではないし、人気が出るのはわかるけれど、私はおなかいっぱいかな?と思っていました。

なので、映画は観るつもりなかったのだけれど・・・夫が観たいって言うから~

人は入っていました。
先週観た「リンカーン」よりゼンゼン!!!
下は小学生女子から?確かに岡田くんかっこよかったもんなぁ~。

続きを読む "図書館戦争" »

2013年4月28日 (日)

ブルーノのしあわせガイド

邦題、ゼンゼン違うんですけど・・・・(-_-;)

ワルぶっている、リコくんは、勉強は嫌いなんだけど、
自分のルールみたいなものがちゃんとあるんですね。
それは勉強より大切なこと。

さて、この作品、

いやいやそんなウマイ具合に行かないでしょう~(^-^;

・・・というところがあるにはあるのですが、
それが

Scialla!

ってことにもなるのでしょうね。

ほっこりほのぼのした気持ちになれることは間違いないです。
物足りないといえば物足りないような気もしますけど。

それより、
あの赤パンパンいちの姿が、息子と重なって・・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

あんなにキュートではないですが・・・

2013年4月21日 (日)

舟を編む

確かに辞書を引きながら、

これを作っている人がいるんだよなぁ~

とふと思ったことがありますが、

ちゃんと考えてみたことはありません。

一から辞書を作るって、

大変すぎる・・・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

言葉を拾う・・・・っていったって、ものすごい数!

広辞苑が10年ぶりに全面改訂になったとき、「一万語増えた」とありましたが、

よ~く考えると一万って・・・・(>.<)!!

でも、

私たちの世界は、言葉でできているのですものね。

言葉でこの世界はつながっているのですものね。

続きを読む "舟を編む" »

2013年4月20日 (土)

リンカーン

うーん、

いい映画なのでしょうが、

私のような浅学の者には・・・・(;^_^A アセアセ・・・

リンカーンも、有名な演説も、南北戦争も、奴隷解放も、

世界史の授業レベルでしか知らないので、これを見ていても「はいはい、そうですか」ぐらいしか思わないのです。

前半寝ちゃったし・・・(^-^;。

アメリカ人(とちゃんと知識がある人)だったら、それぞれのエピソードについて、映画の解釈を楽しめたりするのでしょう。なので、私にとっては、ドキュメンタリーを見ているようにしか感じられなくて。これ、日本で観客どれぐらい入るのかなぁ・・・

今日は初日。一回目はものすご~く劇場は空いていたけれど、二回目は結構な行列ができていましたが。



ダニエル・デイ・ルイスはすごいです!!

トミー・リー・ジョーンズも♪

2013年4月13日 (土)

天使の分け前

ここのブログ、ほったらかしでした・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

最近は、ツイッターで記録をつけたりしていましたよ。

さて、昨日観たのは、

200

銀座テアトルシネマの最後の上映作品となる「天使の分け前」です。

テアトルシネマ、いい劇場なのに・・・ミニシアタターがどんどんなくなっていきますね。。。シアターN渋谷もすごく残念でした。。。

初日初回に観に行ったところ、混んでいる混んでいる!!

しかも年配の方が多い!!

そういう作品かなぁ・・・?

ケン・ローチ作品だから???

まあ、それは置いていおいて。

サイアクの家庭、サイアクの環境、ケンカばかりで仕事に就いたこともない、しかも顔には大きな傷(しかも外見イマイチ)。

そんな主人公がそこから抜け出す話ですよ。

自分の子どもが生まれ、一念発起ですね!

だけど、

どう考えても抜け出せそうにない・・・・街は狭くて、因縁つけてくるヤツからも逃れられないし、因縁つけられたらカッとなるタイプだし。仕事だって見つけられそうにないし。

予告などで知っている後半(+その後にくるはずのハッピーエンド)に、

一体どうやってつながるの????

と、

かなりモンモンとしますよ。

そこ、時間かかり過ぎ・表現ベタすぎのような気がします。

そう、この映画、

全体はオッケーだけれど、きっとあちこちで納得いかないという人が出てくると思う。。。

以下、ネタバレというほどではないですが

続きを読む "天使の分け前" »

« 2012年8月 | トップページ